どちらが得か考えよう、持ち家と賃貸住宅

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

こんにちわ

 

今日は家について考えてみたいと思います。

持ち家と賃貸住宅の比較をしてみたら、、、

 

何年か後にはどうなってる?(単純に考えた場合)

 

マイホームを買った時の場合

 

仮に3000万円の住宅を購入するのにどれくらいの予算が必要か?

即金で買う人は少ないと思うので、ここは住宅ローンを組むことを考えます。

 

30年の固定金利で2700万円(頭金が10%として自分の預金)の

 

住宅ローンを利用したら、

(ボーナスなしとボーナス払いで30年後の総支払額が多少違います。)

 

だいたい借入金の倍の金額を支払う計算になるんです。

(支払いの遅延、滞納では銀行にその期間の利子も支払わなくてはいけない)

 

一ヶ月にいくらの支払いになるでしょうか?

かなりの金額ですよ。

 

30年で6000万円ほど銀行に支払いをします。

 

初年には住宅を取得するための諸雑費がかかります。

(手続きの費用、取得税、銀行関係の保証料など諸々。)

 

これが結構目に見えない部分で負担になりますよ。

翌年から固定資産税がきます。

 

実際はその時から保険や修理費などもかかりますね。

概算1億円くらいはかかるんではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

で今度は借家にした場合

2700万円を30年で割って見ると1年に90万円なんですよね。

家賃1カ月だと7.5万円。

 

この金額って場所にもよりけりだけど借家が借りれません?

まして買ったつもりで30年6000万を住宅費にすればグレードの高い家に住めます。

 

諸費用税金保険など一切不要(この分貯金になりますよね)なので、純粋に最高でも2700万円

 

どっちが得か、そして住む人の価値観などで違うかもしれないけど

金額だけでいうと借家の方が随分と得

 

また売家に出す場合、まだ新しい間の方が良いねで売れると思って、例えば築5年で売れば5年間支払ったローンを

差し引いて残りのローンだけでいいと思っていたら、、、

 

5年経ってもまだ100万円も支払ってないということに!

 

なぜかというとローンでは先に30年分の利子をとるからです。

だから10万円ずつ払っていても利子が9.5千円で元金は五千円しか減ってないことになるんです。

 

ではローンが減っているだろう頃に売家に出すと、今度は家が古くなってきて価値が下がっている。

 

 

このトリックをよく考えないと売り家時に大きな失敗をします。

 

家を買うなら一生暮らすこと、そうすれば損失は少ないですね。

 

持ち家で暮らしていても30年経てば家の価値はなし、土地は残ります。

先ほどの計算を見るとわかるように、概算で1億円の支払いをして残った土地が

 

価値が落ちていたら、それも財産ではなくなりますね。

 

どう考えても借家の方が気楽で損失が少ないと思います。

私の過去の経験から感じたことです。

 

家を買うたびに損をしてきた思いです。

 

皆さんの価値観が違うので絶対にどちらが良いとは言いませんが、

金額だけで考えたらこういうことです。

 

自分の新しい家っていいですよね。

そこで毎日幸せな日々を過ごしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 人気ブログランキング
プロフィール

初めましてnannyと申します。

平凡な主婦ですが好奇心旺盛なのでブログを始めました。
お役に立つことや面白いことなどをお伝えできれば良いなと思っています。
よろしくお願いします。

詳しいプロフィールはこちら

 

応援お願いします


人気ブログランキング

最近の投稿