異国で和菓子でも作って見よう!

目安時間 5分
  • 人気ブログランキング

こんにちわ

 

私は海外滞在子女です、意味わかるかな?

長い間外国で暮らしているということ。

 

で日々面白いことや楽しいこと、へ〜えということや珍しいことを見てください♪

お伝えしますね。

 

 

今回は第1回目の和菓子作りの話です。

 

外国で和菓子を作るとどうなるかを書きますよ。

もともとおかし作りは大好き、和菓子も洋菓子も駄菓子も(^-^)

 

急に食べたくなるのよね、いつでも食べれないと思うとなおさら。

やる気を出して、いざ!

 

で住んでいるところが海外、まずはいい材料が手に入らない。

街に1件しかない和食の材料店で揃えるものは

 

白玉粉(これって日本製ではないの、タイ産の類似品)

出来上がって長い時間柔らかいことはない

 

あずき(これも中国産)

あんこにした時、柔らかくならない硬い豆がのこっている

 

あとは砂糖 ここは白砂糖は全部グラニュー糖

日本のような精白等がない

 

いちご これも日本と違って一年中出ています。

味はそんなに甘くないし硬い

 

まあ、これだけ手に入ればなんとかいちご大福ができますよ〜

楽しみ!

 

これでなんとか揃ったけれど、あんこは手作りします。

前日に水につけて、翌朝コトコトとあんこを練ります。

 

できたできた、あんこが(今回はあずきつぶあん)

冷やして、丸めて、使わない分は冷凍庫に

 

次に皮を作ります〜

白玉粉に水と砂糖を混ぜて、よく混ぜたら電子レンジでチーンします。

 

これを2〜3回その都度かき回して繰り返します。

私には結構力がいりますよ。あとで肩こり〜

 

柔らかくなった皮をシートの上に出して、この時打ち粉をしておく。

まだ暑いうちに10個くらいに分割しておく。

 

1つずつあんこを包んで出来上がり。

この出来栄えを見てくださいね。

あっこれはいちご大福ではありませんよ。

 

この回は美味しいイチゴが手に入らず「鶴の子」もどきになりました。(^_^)

 

 

 

 

ついでだから違う駄菓子を作って見たよ〜

みなさんよくご存知と思うけど、お盆によく出てくる落雁というお菓子。

あれを作って見ましたよ。

 

自分で作るととてもふっくらして美味しんです。

市販品は硬くて嫌いという人でも手作りだと「美味しい」って言うんです。

 

私が作る落雁は分厚くなくて、お茶の席にでるような一口サイズ。

可愛い〜

 

あっ、この落雁粉は日本からの取り寄せですよ。

可愛い型も日本からですよ。

 

ではでは簡単に作り方を説明しますね。

落雁粉に砂糖水を混ぜて、程よい硬さにしたら型入れします。

 

子供の粘土遊びのような感覚で、楽しく作れるのでたくさん作ってしまうのが問題。

食べてくれる人が周りにいない、ちょっとつまらない。

でこんなん出来たんですけど、、、、

 

 

これが落雁

 

 

 

 

 

これが雲平(これも落雁粉で作る)

落雁よりは少し難しいかな?

 

 

 

 

どちらも綺麗でしょ?

とっても簡単なので是非、お子さんと一緒に楽しんで見てはいかがでしょう?

 

 

外国人はどちらが好きか試したら、鶴の子は好まれたけど落雁はダメだった(^^:)

最後におまけです。

練り切りという和菓子です。私が作りました。

 

おひとつどうぞ召し上がれ!

 

 

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

プライバシーポリシー

ブログランキング

応援お願いします


人気ブログランキング

プロフィール

初めましてnannyと申します。

平凡な主婦ですが好奇心旺盛なのでブログを始めました。
お役に立つことや面白いことなどをお伝えできれば良いなと思っています。
よろしくお願いします。

詳しいプロフィールはこちら

 

お問い合わせ