趣味のビール作り、我が家が工房と化す

目安時間 7分
  • 人気ブログランキング

こんにちわ

 

みなさんはビールが好きですか?

夏の暑い時に冷えたビールは格別ですね。

 

あっと、こちらは夏なんで話を逆に聞いてもらえれば(^^;)

 

 

最近は冬でもビールを飲む場面が多いように思いますね。

そんな誰でもが好むビールも高くなりました。

 

 

アル中(?)の夫が仕入れてきた情報。

ビールを自分で作る、、、、、なぬ、お主本気か?

 

どうも本気らしい!

 

 

せっせと道具を買い込むやら、材料を買ってきて作り方を知人から教わったり

youtubeで調べたりと真剣そのもの。

 

 

自分の好きなことはこまめだね〜

 

 

最初に説明をしておきますね。

今海外で暮らしていますので、家庭でアルコールを作ることは違法ではないのです。

 

 

ここでは1回に25リッターまでなら許可。

日本でも最近は手作りビールのキットを売っているようですが1回に作れるのは

 

確か10リッター?いや5リッターかな?  よくわからないので

間違っていたらごめんなさい。

 

 

こちらには自家製のビール作りに必要なものを売っている店があって

夫はいそいそと大きなタンクを買ってきて、、

 

 

 

ミネラルウオーターを買ってきて、、

酵母やホップなど諸々を揃えて、、

 

 

まずはタンクに水と酵母を入れて、密閉して1週間から10日静かに寝せます。

季節によって1週間から10日となるのは暑い季節だと短期間、寒いと長くなりますね。

 

 

毎日ビールのおしゃべりに耳を傾けてワクワク!

酵母が発酵するときにポコポコと可愛い音がするんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初回はおどおどしながらうまくいくか心配で仕方なかった様子。

時が満ちて、(うまくいって入れば)瓶詰で〜す。

 

 

ここで一言

できたビールを詰めるビール瓶は、売ってはいるんですが節約するためにリサイクル。

市販で買ったビールを飲んだ後、瓶の消毒です。

 

それに炭酸飲料が入ったボトルも捨てないで再利用です。

よく色々考えるものですなぁ!

 

 

消毒、これが結構大変なんです。

熱湯ですすいだ後、薬品を入れて消毒します。

 

 

1回にできるビールの量が大瓶30本、小瓶スタイトなら60本。

消毒後のすすぎも手間も時間もかかるんです。

 

飲みたい一心とはいえ、よくやるわ〜

 

 

洗った瓶を乾燥させて、いよいよ瓶詰めです。

ビール瓶の底に砂糖を小さじ1杯入れてビール液を詰めます。

 

 

 

その後キャップで蓋を締めますね、ここでナイショの話。

キャップが甘くて炭酸が抜けて、「なんじゃ、これは?」

になったこともあるんですよ。笑い話

 

 

詰め終わったらダンボールに詰めて、1ヶ月ほど静かに寝かせます。

 

 

副産物としてビール液を入れ終わった後に残るドロ状の液体は、酵母なので利用できるんですよ。

ビール酵母、そうワカモトやエビオスの材料なんですよ。

 

 

 

当然飲めます、肝臓の悪い人にいいとか、消化にいいとか、美容にいいとか言われているんです。

我が夫は副産物は飲まないですけどね、体にいいのに。

 

 

 

私はそれをとっておいてぬか床に混ぜています。

とてもいい香りになるし、つけた野菜が美味しくなるんですよ。

 

 

 

これも材料費のうちに入っているんだし、捨てずに再利用は環境にもいいのではないかな?

一人で悦に入ってますが。

 

 

夫も今ではミネラルウオーターではなく水道水、流石に瓶洗いは重労働らしく新品のビール瓶を買ってきてますね。

今ではもっと簡単に最初からセットにして売っているのもあるんです。

 

そのままタンクへ、ドボっ!

後水入れて、そのままおやすみ♩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もせっせとビール作りに勤しんでいる夫を横目にブログを書いています。

出来上がった頃、私は味見(アル中ではないので飲めません)をして評価するんです。

 

 

 

 

 

 

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

プライバシーポリシー

ブログランキング

応援お願いします


人気ブログランキング

プロフィール

初めましてnannyと申します。

平凡な主婦ですが好奇心旺盛なのでブログを始めました。
お役に立つことや面白いことなどをお伝えできれば良いなと思っています。
よろしくお願いします。

詳しいプロフィールはこちら

 

お問い合わせ