味噌汁は1日2杯?

目安時間 5分
  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

今日はお味噌汁は1日何杯まで大丈夫かというお話。

 

我が家は、夕食にお味噌汁をつけます。

朝はパン、昼はほとんど麺料理、そして夜はご飯というメニューなんですね。

 

 

パン食は洋食ではない?

学生時代に「私は朝は洋食なんです」と答えた学生に教授が

「メニューには何がセットしてあるのか」との問いに

 

 

「パンとバター、コーヒー」と答えた学生は叱られました(泣)

(*これは私ではありませんよ)

それは食事としてのバランスが欠けているから洋食ではないんですね。

 

今考えたらハムエッグとサラダくらいつけていれば良かったのです(笑)

 

そして我が家の昼食は麺だけでなく、栄養バランスを工夫をしています。

例えば焼きそばには、野菜と肉を具に入れます。

 

ちゃんぽんなら具の材料が満点ですよね。

夏場の暑い時でも決して、ソーメンだけでは済ましていませんよ。

 

 

そして夕飯ですが、

ご飯、味噌汁、メイン(私は魚が多い)、野菜料理(サラダではなく温野菜)、

浅ずけのお漬物、野菜を摂るにはサラダでは大量に取れません。

 

 

毎日たくさんの野菜を体にとり売れるためには、炒めた野菜や煮た野菜、

和え物にした野菜などにして野菜不足を防いでいます。

 

 

浅ずけのお漬物はサラダ感覚で取れますので追加に。

そしてお味噌汁なんですが、薄味にしています。

 

塩分の取りすぎを防ぐためにも、たっぷりと野菜を入れたり、

豆腐やわかめなど入れています。

 

 

 

味噌汁は1日2杯?というテーマですが

昔私が栄養コミュニティの一環で食事調査に関わったことがあるんです。

その時のエピソードをお話ししますね。

 

 

参加した人たちの食事の内容を書いてもらって、対面式でアドバイスをするんです。

ある時、いかにも塩分の量が多い人がいてできることから実践してもらおうと、

 

 

「味噌汁の濃度が濃くて塩分の寄りすぎのようです。半分くらいの味噌の量に

薄めてください」とお願いしました。

 

 

後日、結果判定のため再び面接して「味噌汁は薄くしても食べれましたか?」の問いに

「問題なかったですよ。半分の薄さにして2杯吸いました」(怖)

 

 

これでは塩分は減ってないですよね?

薄味は舌の感覚だけではなく、実際に塩分を減らさなければいけないんですよ。

 

 

でこのようにお味噌汁が大好きで2杯も吸いたい人には、

他のお料理の塩分も減らして、そしてお味噌汁の具には野菜とワカメをたっぷり

入れればいいですよ。

 

 

大事なことは1日の食事で摂る塩分を減らすことです。

 

 

塩分は、高血圧の人や心臓病の人および腎臓病の人にとっては

注意しなくてはいけないものですが、

健康で肉体労働をしている人にとっては、特に夏などは塩分の補給は大切なことですね。

 

 

例えばスポーツ選手など、スポーツ飲料を飲んでいますね。

あれは塩分と糖分が高濃度に含まれているんです。

だから塩分と水分補給できるんです。

 

 

ですから普通に生活している人にはこの飲料は向いていません。

 

 

塩辛さに慣れてくると、通常の塩分量では薄く感じるんです。

反対に薄味に慣れてくると、濃い塩味は受け付けなくなります。

 

このような器官(舌)の働きをうまく使って健康を保ちましょうね。

 

 

余談ですが、

便秘の人は朝1杯の塩水を飲むと良いとされています。

だだし塩分制限されている人はできませんよ。

 

 

 

 

  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

プライバシーポリシー

ブログランキング


人気ブログランキング

ポチッと応援よろしくお願いします。

https://rakupress.com

楽天アフィリエイトに特化した

テキストです。

プロフィール

初めましてnannyと申します。

平凡な主婦ですが好奇心旺盛なのでブログを始めました。
お役に立つことや面白いことなどをお伝えできれば良いなと思っています。
よろしくお願いします。

詳しいプロフィールはこちら

 

お問い合わせ

楽天カード