限定特典プレゼント付きメルマガ登録

東北大震災から10年、未だ復興半ばを皆んなで頑張りましょう!

目安時間 6分
  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

今日は東北大震災から10年の歳月が流れました。

未だ傷の癒えてない人々がおられます。

街も完全復興しているわけではなさそうです。

 

 

そんな中で地元の人々は、みんなで励まし会いながら今日まで

頑張ってきました。

本当に一人ではない、仲間がいるから頑張れたという言葉が

胸にしみます。

 

 

未だかってなかった大災害を誰が予言できたでしょうか?

私は地震が起きる前から、福島原発が古いのが心配でした。

そんな古い原発に地震が起きたらと考えるだけで不安でした。

 

 

嫌な予感は当たるものですね。

しかしそれに加えて津波が地震の大きさを増してあんな大災害になるとは!!

 

 

日本にはまだまだたくさんの原発がありますが、

このように災害が重なったときのことを考えると

とても怖いですね。

 

 

地震だけなら、津波だけなら、復興ももっと早くできたかもしれません。

そこに原発が事故を起こしたから人々は自分の家にも帰れない悲劇が起きたんですね。

正に三重苦に遭ったわけですね。

 

 

自然災害プラス人災。

人災はこれは人間の罪。

これからも原発は安全に管理していけるのだろうか?

 

福島だけでなく、日本全体、いや世界の大きな課題です。

 

 

災害が起きた後も誰も手が出せずに時間ばかりがすぎていったような気がします。

当時その日に生まれた赤ちゃんも今は10歳、何も知らずに10歳になりました。

この子たちがこのような災害に見舞われることがないように祈るのみです。

 

 

 

私たちも、この災害では色々学んだこともありました。

今後はその教訓を生かしていかなければいけませんね。

 

 

このような状況で風評被害、いじめなど良識のある人間ならしないような事まで

起きましたね。悲しい限りです。

 

 

それらを乗り越えて少しずつではあるけど、復興してきている様子に勇気ずけられます。

まだまだ時間がかかりそうですが、全国から皆さんの温かい気持ちが伝わりますように。

 

 

 

毎年思い出す悲しいことがあるんです。いまでも涙がこぼれます。

当時、東京に住んでいた息子はボランテァで現地に遺体の確定をするためのサンプルを取りに行っていました。

現地は戦争の後かと思われるような悲惨な状況だったとか(彼は戦争を知らないですが)

 

 

そして近くには遺体がたくさんあって、順番に遺伝子のサンプルを受け取って研究所まで持って行ったそうです。

何回か運ぶうちに、見れば小さな子供が見えたそうであまりの痛々さに大人げもなく思わず号泣したと言います。

 

 

それを聞いた私まで涙がこぼれ落ちて、かわいそうにと呟いていました。

津波の脅威がその人たちの人生を奪い、夢をかき消しました。

本当に酷いことです。

 

 

今生きている人たちは、

2度とこのような災害が起こらないように努力することが責任だと思います。

特に国の対策を十分にして欲しいです。

 

 

 

人間がなすべきことを行なっていないで防ぐことができなかったのは後世への汚点。

毎年この日を忘れることがないように、

亡くなった人たちの供養のためにもみんなで追悼しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*********************
お知らせコーナー  役にたつ情報は宝です。
*********************

 

 

 

安心して暮らすために大事なこと

収入を増やすことを真剣に考えましょう。

 

在宅副業の近道

楽プレス

 

 

*********************

 

 

  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

プライバシーポリシー

メルマガ登録フォーム特典プレゼント

楽プレス

https://rakupress.com

楽天アフィリエイトに特化した

テキストです。

ブログランキング


人気ブログランキング

ポチッと応援よろしくお願いします。

楽pressテキストイメージ
プロフィール

初めましてnannyと申します。

平凡な主婦ですが好奇心旺盛なのでブログを始めました。
お役に立つことや面白いことなどをお伝えできれば良いなと思っています。
よろしくお願いします。

詳しいプロフィールはこちら

 

楽天カード

お問い合わせ